札幌市立屯田小学校 (さっぽろしりつ  とんでん  しょうがっこう)
■ 児童数・職員数・学級数/学校要覧/沿革史
 【児童数】
   660名(平成21年4月6日現在)
 【職員数】 
   36名(平成21年4月6日現在)
 【学級数】
   ・1学年(4) ・2学年(4) ・3学年(3) ・4学年(3) ・5学年(3) ・6学年(3)  計20学級
   ・特別支援学級(3)                          (平成21年4月1日現在)
【学校要覧】
 ■平成20年度(表裏PDF)
 ■平成20年度(内側PDF)
 ■平成21年度(表裏PDF)
 ■平成21年度(内側PDF)

■ 住所・電話/校区/地図/交通機関/隣接学校

大きな地図で見る
【住所・電話】
 〒002-0857 
  北海道札幌市北区屯田7条6丁目2番2号
 電話 011−771−3151
 FAX 011−771−1275

【校区】
札幌市北区
 屯田6条1丁目から屯田6条7丁目まで
 屯田7条4丁目から屯田7条9丁目まで
 屯田8条4丁目から屯田8条9丁目まで
 屯田9条7丁目から屯田9条9丁目まで

【隣接小学校(ホームページ)】
  ・屯田南小学校
  ・屯田西小学校
  ・屯田北小学校
  ・太平小学校
  ・太平南小学校
【中学校(ホームページ)】
  ・屯田中央中学校
  ・屯田北中学校


【交通機関】
 地下鉄麻生駅から屯田6条12丁目行き
(麻01)屯田小学校前下車徒歩2分

安全マップ(pdf)
■ 校歌(ふるさとルームに残る絵、オルゴールBGM、ピアノ楽譜)

一.
 陽炎のぼる 江南の野に
 こもるぬくもり われらを育て
 早苗はのびる 双葉はひらく
 学びの庭には 花咲き競う

二.
 夕日を背なに 畦道をゆき
 うたう蛙も われらの声も
 清らかな空に 流れてはるか
 世界にひろがる 夢はてしなく

三.
 田の面も白く 暁に映え
 手稲仰いで われらは通う
 希望にみちて たがいにはげみ
 ひとつ窓べに 慣れ親しんで

 
作詞 松田 善雄
 作曲 碇石 敏次郎
  本校の校歌は、校歌としては珍しい4分の3拍子の優雅な曲です。8分音符(タ・タ)と4分音符(タン・タン)の旋律が繰り返され、心地よい揺らぎを感じる曲想といえます。
 「ふるさとルーム」に(どなたが残されたか不明ですが)左のような手書きの絵と文字の味わい深い作品がありました。
 絵の右側には江南の広野に稲が育ち、花が咲き競っています。中央には田んぼの畦道が広がっています。そして、左側には、手稲山を教室の窓越しに眺望する子どもが居ます。
 まさに、歌詞からはこのようなイメージが伝わってきます。
 ぜひ、校歌(カラオケ)ピアノ楽譜で実感してみてください

オルゴール校歌
■ 校章
 屯田の野に酷寒と風雪と闘いながら鍬をうちふるった開拓精神を受けついで、健全な心身を鍛え、限りなく伸びようとすることを願った。

●外側の星型は、北斗星をかたどって北海道を表している。
●両端に稲穂を配し、下方でこれを結び,実り豊かで固く結ばれる子どもたち を象徴している。
中央の五角形は,当時の校訓の至誠・責任・協和・健康・礼節の五綱領を意味するもので,現在の教育目標の内容も含まれている。

 (校章は、昭和8年9月、江南小学校時代に制定されたものである。)
■ 校木

 
「こぶし(キタコブシ)」(モクレン科) 
 制定  昭和51年10月30日

 厳しい冬に耐えて枝先いっぱいに白く美しい花を咲かせるこぶしは北国に春を告げる希望のシンボルであり、また屯田の開拓魂を意味している。
 こぶしの名は種の入っている実やつぼみが子どものにぎりこぶしに似ていることから名づけられ、花が咲くと、あたり一面に清らかな香りをただよわせてくれる。
 この木はすでに1億年前にこの地球上に姿を現し、しかも今あるすべての花の咲く木の祖先であることが化石によって証明されている。