第97回全国算数・数学教育研究(北海道)大会 第70回記念北海道算数数学教育研究大会札幌大会(2015.08.07)
 大会4日目は、札幌市立桑園小学校において「数と計算」「量と測定」など16の領域別分科会が開催されました。蒸し暑さが連日続く中にもかかわらず、さらに場を熱くさせるような研究発表が数多くありました。全国各地から研究発表のために多くの方々にご参加いただき、大変ありがとうございました。
 第97回全国算数・数学教育研究(北海道)大会は盛会裏に終了いたしました。ご参加いただいた皆様には厚く御礼申し上げます。第98回全国算数・数学教育研究大会は岐阜県にて行われます。
 第97回全国算数・数学教育研究(北海道)大会 第70回記念北海道算数数学教育研究大会札幌大会(2015.08.06)
 大会3日目は、ニトリ文化ホールにおいて、開会式とシンポジウムが開催されました。シンポジウムでは「算数・数学科で子どもたちに身に付けさせたい学び方とは何か」をテーマに、コーディネーターの金本 良通 教授(埼玉大学)と中野 博之 教授(弘前大学)、馬場 卓也 教授(広島大学大学院国際協力研究科)、細水 保宏 客員教授(明星学苑)、大根田 裕 教諭(筑波大学附属中学校)、浜野 雅輝 特任教授(北海道教育大学教職大学院)の5名のシンポジストによる議論が進められました。また、午後には幼稚園・小学校部会講演も行われ、清水 美憲 教授(筑波大学)が「数学的に考える力を育む算数科の学習指導」について述べられました。
 第97回全国算数・数学教育研究(北海道)大会 第70回記念北海道算数数学教育研究大会札幌大会(2015.08.05)
 2日目も引き続き「かでる2・7」において、笠井 健一 先生(文部科学省 初等教育局教育課程 教科調査官)、中野 博之 教授(弘前大学)、二宮 裕之 教授(埼玉大学)による講習会が行われました。講演では、数学的な考え方を育てる言語活動やよい授業についてなどのお話をしていただきました。
 第97回全国算数・数学教育研究(北海道)大会 第70回記念北海道算数数学教育研究大会札幌大会(2015.08.04)
 第97回全国算数・数学教育研究(北海道)大会 第70回記念北海道算数数学教育研究大会札幌大会が開会しました。1日目は札幌市の中央部に位置する「かでる2・7」において早勢 裕明 准教授(北海道教育大学釧路校)、清水 静海 教授(帝京大学)、田中 博史 先生(筑波大学附属小学校)による講習会が行われました。最高気温が30度を超える暑さの中でしたが、200名程の方々にご参会いただきました。