算数教育の未来を語る会(2013.03.08) 
 3月8日(金)にKKRホテル札幌において「算数教育の未来を語る会」の会が開催されました。ご満職を迎えられるこれまで北数教を支えて下さった先生方に、算数教育にかけた思いをお聞きし、これからの算数教育の指針と今後の算数教育への励ましを数多くいただくことができました。また、大久保会長にもお越しいただき、27年度に行われる日数教大会に向けて、より一層の邁進を期待されている旨、ご挨拶をいただきました。これまで北数教を支えて下さった先生方に改めてお礼申し上げるとともに、これからも温かく見守っていただきたいと真に思いました。 
   
     
     
     
     
北数教小学校部会第4回事務局会議(2013.2.28)
 札幌市立北園小学校において、小学校部会第5回事務局会議が開催されました。事務局・各部から24年度の振り返りと次年度の課題が出され、25年度に向けての日程や取組の方向性が提案されました。また平成27年度に行われる「日数教大会」に向けての進捗状況についての報告もあり、準備を進めていくことを確認しました。 
札幌支部 授業実践交流会 (2013.2.7)
 札幌市立円山小学校において、北数教札幌支部の「授業実践交流会」が行われました。低中高学年ブロックに分かれ、各ブロック2名の発表者が貴重な実践提言してくださいました。話し合いでは、教材、指導法、授業の再構成などについての意見交流が活発になされました。また、次年度の研究の方向性についても提言されました。
札幌支部 冬の学習会 (2013.1.11)
 札幌市立円山小学校において、100名を超える参加のもと札幌支部の冬の学習会が開催されました。夏の学習会に続き、「質の高い研究発表・授業を考える」をテーマに、前半は「日数教の全国大会について」と「札幌支部大会の成果と課題について」共通理解をする機会がもたれました。後半は、「課題意識のもたせ方」「目標に迫る交流のもち方」「思考力・表現力を育む板書・ノート指導」をテーマに6名の本部研究部員・支部研究部員によるワークショップが行われました。
札幌支部 月例会 (2012.12.6)
 札幌市立円山小学校を会場に、今年度6回目の北数教札幌支部の月例会が行われました。先日開催された札幌支部大会の課題と成果についての話し合いがなされました。研究の重点である「基礎的・基本的な知識・技能の習得と思考力、表現力を育てる問題解決学習の創造」を授業実践を通して検証することができました。
 また、1月11日(金)に札幌市立円山小学校において、冬の学習会が開かれます。
北数教小学校部会第4回事務局会議(2012.11.13)
 札幌市立北園小学校において、小学校部会第4回事務局会議が開催されました。第67回石狩・千歳大会を終えての報告や反省、そして次年度の札幌大会へ向けて各部業務内容の精選と連携についての確認がなされました。運営面に関わり、具体的な改善策を見出すことができました。
札幌支部 月例会 (2012.10.31)
 北数教札幌支部の月例会が開かれました。前回に引き続き、札幌支部大会へ向け、各会場校で指導案検討がなされました。本時案を中心に細案や板書構成などが検討されました。札幌支部大会は、11月30日(金)に札幌市内の小学校において開催されます。
第67回北数教研究大会 石狩・千歳大会 (2012.10.25~26)
 初日は千歳市民文化センターで開会式・講習会等、2日目は日の出小で研究授業と分科会が行われました。全道各地からたくさんの先生方が参加して、3年後の日数教大会を見通した実りの多い大会となりました。
北数教小学校部会石狩・千歳大会に向けての事務局会議(2012.10.17) 
 札幌市立北園小学校において、小学校部会事務局会議が開催されました。第67回石狩・千歳大会に向けての当日のタイムスケジュールや仕事分担について、事務局や各部より、提案・確認が行われました。大会の成功に向けて、細かなところまで調整・確認がなされました。
石狩・千歳大会に向けての第3回授業検討会 (2012.10.5)
 千歳市立日の出小学校において、第3回授業検討会が行われました。前回の第2回授業案検討会に続き学年ごとに部会がもたれ、今回も石狩管内教育研究会の先生方にご協力をいただき話し合いがなされました。子どもの思考の流れを想像しながら、板書構成や問題提示、発問などが検討されました。第67回北海道算数数学教育研究大会石狩・千歳大会はは10月25日、26日に開催されます。
札幌支部 月例会 (2012.10.4)
 11月30日(金)に開催される札幌支部大会へ向け、今年度4回目の北数教札幌支部の月例会が開かれました。各会場校では本時案を中心とした熱い話し合いがなされ、単元構成や問題提示などについても検討されました。次回の月例会では、細案や板書構成などが検討される予定です。
札幌支部 月例会 (2012.9.6)
 札幌市立円山小学校を会場に、今年度3回目の北数教札幌支部の月例会が開かれました。資料を持ち寄り紹介したり、石狩・千歳大会での研究発表の内容を検討したりなど、学年毎に熱い実践交流が行われました。また、次回は札幌支部大会へ向け各会場校で授業検討を行い、質の高い授業を創り上げていきます。
北数教小学校部会第3回事務局会議(2012.09.04)
 札幌市立北園小学校において、小学校部会第3回事務局会議が開催されました。第67回石狩・千歳大会に向けての最終確認について事務局や各部より、報告・提案が行われました。大会の成功に向けて、それぞれの役割をしっかりと果たしていくことが確認されました。また日数教大会準備委員会より、今年度の福岡大会での部員の発表と大会の状況についての報告があり、今後進めていかなければならないことが示されました。
札幌支部 夏の学習会 (2012.7.30)
 札幌市立円山小学校において、「質の高い研究発表・授業を考える」をテーマに札幌支部の夏の学習会が開催されました。まずは、福岡で行われる日数教大会を前に、瀧ヶ平悠史教諭(日新小)と田中尚宏教諭(北九条小)に研究発表内容を紹介していただきました。佐々木雅史校長先生(円山小)から講評をいただき、日数教北海道大会に向け質の高い研究発表にする方法を学ぶ機会となりました。次に学年ブロックごとに分かれ、指導案検討会を行いました。約90名の参加があり、2学期に行う授業を検討することで、より研究内容を深めることができました。

  ■日数教大会資料  瀧ヶ平教諭 「関数の考え」の低学年における単元横断的指導の体系化とその効果
                田 中教諭 割合の意味理解を深める指導の一考察
石狩・千歳大会に向けての第2回授業検討会 (2012.7.26)
 第67回石狩・千歳大会の会場校となる千歳市立日の出小学校において、第2回授業検討会が行われました。前回の第1回授業案検討会に続き学年ごとに部会がもたれ、指導案要綱や指導案についての話し合いがなされました。また、今回から石狩管内教育研究会の先生方にもご協力をいただき、授業場面について具体的なイメージを共有することができました。3回目の検討会は10月4日に開催されます。
札幌支部 月例会 (2012.7.5)
 札幌市立円山小学校を会場に、今年度2回目の北数教札幌支部の月例会が開かれました。前回に続きみんなで学ぶ場が設定され、研究部の小松先生(山鼻南小)から教科書の記述をもとにした「問いの焦点化」についての提案がありました。その後は学年ごとに授業実践の交流がなされ、「問いの焦点化」についても話題となりました。また、夏の学習会の提案者と札幌支部大会の授業者が決定しました。夏の学習会は7月30日(月)に円山小学校で開催されます。
北数教小学校部会第2回事務局会議(2012.07.03)
 札幌市立北園小学校において、小学校部会第2回事務局会議が開催されました。第67回石狩・千歳大会に向けての進行状況と今後の活動について、事務局や各部より、報告・提案が行われました。大会に向けて、準備が順調に進んでいることと共に、日数教に向けての重要な大会となることが確認されました。また日数教大会準備委員会より、「日数教発表論文レベルアッププラン」のこれまでの歩みと今後の取組のアウトラインが示されました。
石狩・千歳大会に向けての第1回授業検討会 (2012.6.21)
 第67回石狩・千歳大会の会場校となる千歳市立日の出小学校において、第1回授業検討会が行われました。全体会では北数教小学校部会長の飯塚泰久部会長(札幌市立白楊小)の挨拶に続き、会場校の入沢潤司校長先生にも挨拶をいただきました。引き続き、各学年部会が行われ、日の出小学校教職員と北数教研究部員及び事務局員が互いに知り合うこと、そして、大会に向けて公開単元及び公開場面を決定し授業づくりを通しながら課題を共有し合うことを主旨とし、交流を深めていきました。2回目の検討会は7月26日に開催されます。
札幌支部 月例会 (2012.6.7)
  札幌市立円山小学校を会場に、平成24年度1回目の北数教札幌支部の月例会が開かれました。今年度は各学年の部会の前にみんなで学ぶ場が設定され、研究部の古川先生(附属小)から実践をもとにした「問いを生むために」という提言があり、問いの生み方を学ぶ機会となりました。その後は学年ごとに指導案や写真等の資料をもとに授業実践を交流し、「問い」についての理解がさらに深まりました。今後も月例会では日常の実践を検証していき、研究内容を深めていきます。
  ◆研究部提言「問いを生むために」
石狩・千歳大会にかかわる関係機関への訪問・打合せ(2012.6.7) 
  会長、副会長、事務局長とが、10月25日、26日の研究大会の会場となる千歳市の関係機関(①北海道教育庁石狩教育局、②千歳市教育委員会、③千歳市文化センター)を訪問し、ご挨拶と打合せをしました。
   
平成24年度全道常任幹事会・代議員会(2012.5.12) 
  札幌市立琴似中央小学校において、全道常任幹事会・代議員会が83名の出席のもと行われました。大久保和義会長(北海道教育大学)から全道の算数数学教育に対し、イニシアチブをとることが本会にとって大切な責務であることが話されました。また来る平成27年度の第70回札幌大会が第97回日数教大会となり、それに向かって会員相互の連携を図りながら準備を進めていく必要があることが話されました。顧問の佐々木雅史校長先生(札幌市立円山小学校)から、日数教大会準備委員会の組織と年次計画の概要が発表されました。
     
     
 琴似中央小学校からは、近隣の町並みの奥に三角山や藻岩山を望むことができました!  
  同時に全道常任幹事会・代議員会の小学校部会も行われました。副会長の田中秀典校長先生(札幌市立日新小学校)から北海道の算数教育を盛り立てていくことが大切である、という話がなされました。今年度行われる「第67回石狩・千歳大会」の進捗状況について、山田昌彦先生(石狩市立南線小学校)からお話がありました。また、旭川地区の長田一芳校長先生(旭川市立近文小学校)、小樽地区の森眞由美校長先生(小樽市立緑小学校)、札幌地区の藤吉晃校長先生(札幌市立山鼻南小学校)より、各地区の現状や活動内容の紹介がなされました。 
  
 
     
     
     
北数教小学校部会第1回事務局会議(2012.05.08)
 札幌市立北園小学校において、小学校部会第1回事務局会議が開催されました。5月12日(土)に行われる全道常任幹事会・代議員会・小学校部会の内容や24年度の小学校部会の活動計画について話し合われました。
また、会の中では、第67回石狩・千歳大会についてや、平成27年度に予定されている日数教大会に向けての方向性や行程についても提案がありました。
平成24年度事務局引継ぎ会(2012.04.20) 
 KKRホテル札幌において、新旧事務局引継ぎ会が行われました。昨年度決まった来る日数教大会に向けて、組織の強化と研究の充実を図っていくことが確認されました。23年度まで事務局員だった先生をねぎらい、24年度から事務局員となられた先生を迎えする会でもあり、年度間でのつながりをしっかり意識しこれからの活動に向かうための会でした。 
     
     
     
 札幌支部24年度総会(2012.04.17) 
 札幌市立円山小学校において、札幌支部総会が行われ、今年度の活動がスタートしました。24年度支部役員の紹介や研究構想の話、新入会員の紹介などが行われました。また、総会後、各学年の部会が行われ、推進分担や月例会の内容についての話し合いがなされました。
 算数教育の未来を語る会・ご満職のお祝い(2012.03.09) 
 3月9日(金)にKKRホテル札幌において「算数教育の未来を語る会・ご満職のお祝い」の会が開催されました。
これまで北数教を支えて下さった先生方のご満職とこれまでの算数教育にかけた思いをお聞きし、これからの算数教育の指針を多く頂きました。また、諸先輩方にもお越し頂き、27年度に行われる日数教大会に向けて、より一層の邁進を期待されている旨、現役世代に伝わり、若い先生方の思いも語るような実になる会でした。これまで北数教を支えて下さった先生方に改めてお礼申し上げるとともに、これからも温かく見守っていただきたいと真に思いました。 
   
   
     
     
     
  
     
     
     
第4回事務局会議(2012.03.01) 
 札幌市立日新小学校において、第4回事務局会議が行われました。 今年度の活動報告や来年度に向けて北数教が担っていくことなどについて話し合われました。また平成27年度に行われる「日数教大会」に向けての進捗状況についての報告もありました。 
札幌支部 授業実践交流会 (2012.2.10)
 札幌市立円山小学校にて、北数教札幌支部の「授業実践交流会」が行われました。会員60名ほどが低中高学年ブロックに分かれ、各ブロック2名の発表者が貴重な実践提言をしてくださいました。話し合いでは、教材の捉え方、指導法、授業の再構成などについての意見交流が活発になされ、指導力を高めることができた2時間となりました。
 札幌支部 冬の学習会 (2012.1.13)
 札幌市立円山小学校において、札幌支部の冬の学習会が開催されました。平成27年度に北海道で開催される日数教大会に向け、北数教副会長の佐々木雅史校長(円山小)による指導案と論文・紀要の書き方の講演がなされました。書き方を通して、授業での主張をもっていくことの大切さが話されました。また、札幌支部の研究部員によるワークショップも行われ、問題意識の持たせ方やノート指導、交流の組織化について学ぶ機会となりました。
札幌支部 月例会 (2011.12.1)
 札幌市立円山小学校にて、今年度6回目の北数教札幌支部の月例会が行われました。先日開催された札幌支部大会の課題と成果を、視点に沿って話し合い、研究の重点である「基礎的・基本的な知識・技能の習得と思考力、表現力を育てる問題解決学習の創造」を授業実践を通して検証することができました。
札幌支部 月例会 (2011.11.2)
 北数教札幌支部の月例会が行われました。前回に引き続き、11月25日(金)に開催される札幌支部大会へ向け、各会場校で指導案検討がなされました。その他にも本時の算数的活動や板書構成など、熱い討議が行われました。
第66回北数教研究大会 上川・旭川大会 (2011.10.20~21)
 初日は旭川市の大雪クリスタルホールでの開会式・講習会等、2日目は近文小で研究授業と分科会。三校種あわせて646名の参会者を集め、4年後の日数教大会に向けての「礎」となる大会となりました。
札幌支部 月例会 (2011.10.6)
 今年度4回目の北数教札幌支部の月例会が行われました。11月25日(金)に開催される札幌支部大会へ向け、各会場校で熱い話し合いがなされました。単元を通してどのような力を育てていくかを明確にするとともに、単元構成や本時案、問題の提示の仕方などが検討されました。
三部会 (2011.10.1)
 手稲高等学校において、平成23年度第1回三部会が開催されました。主に、10月20日からの上川・旭川大会の最終確認と平成27年度の日数教(北海道)大会についての概要説明がなされました。
上川・旭川大会に向けての第二回学習指導案検討会 (2011.7.28)
平成23728日(木),第67回上川・旭川大会の会場校となる旭川市立近文小学校において、第2回学習指導案検討会が行われました。これに先立ち,新町小学校からも授業提案があるため,部会長と事務局長で学校を訪れました。「学校あげて算数に取り組んでいるので,大変いい機会を得ました。」と話される水上校長先生。今年度から啓林館を使用することになった難しさや6社比較を綿密に行って,教科書を読み深め,授業の主張を明確にしようとしていることなど熱く語られ,心強く感じました。さて,学習指導案検討会は,旭川より「授業者・授業構築責任者・分科会司会者・分科会記録者と多数の授業部員」と札幌からは「本部研究部員」が集まり,午前10時より合同で指導案の検討が行われました。最初,木の机と椅子,壁面というぬくもり感じながらランチルームで,全体会が行われ,「本日の日程等の確認」と「今後の日程の確認」が行われました。その後,1・2・3年生は,ランチルームで,4・5・6年生は,会議室で,学年ごとに,「本時の展開部分」「単元全体に関わる部分」「事前授業者2名の確認」「第3回最終検討会までの学年部会の計画」が,検討され確認されました。12時をめどに,学年部会を終了しました。その後,「授業者・授業構築責任者・分科会司会者」による打ち合わせと「本部研究部」では各学年の主張や展開など交流しあいました。上川・旭川地区のみなさんの大会に向かう熱い気持ちを感じる一日となりました。来る1020日(木)・21日(金)がとても楽しみになりました。
札幌支部 夏の学習会 (2011.7.27)
 札幌市立新琴似小学校において、「思考力・表現力を高める」をテーマに札幌支部の夏の学習会が開催されました。横浜で行われる日数教大会を前に、庄司教諭(山鼻小)と阿部教諭(幌北小)による研究発表の提言があり、100名以上の参加者は話に聞き入っていました。また、昨年に続き、札幌支部の研究部員によるワークショップも行われ、思考力や表現力を高めるための授業づくりなどについて学び合う機会となりました。
 ■学年別資料  低学年 ① ②  中学年 ① ②  高学年 ① ② 
z札幌支部 月例会(2011.07.07) 
 札幌市立新琴似小学校において、今年度2回目の北数教札幌支部の月例会が行われました。会員外の方2名を含む、50名を超える出席がありました。新学習指導要領で新しく扱うことになった単元や教科書改訂に伴った変化についての理解を深めるなど、学年ごとに日常の実践の交流がなされました。また、研究部からは、「学年の系統性を強く意識した研究を」という提言がなされました。
第2回事務局会議(2011.07.05) 
 札幌市立日新小学校において、第2回事務局会議が行われました。来る66回上川・旭川大会に向けて、それぞれの部の活動計画や全体計画などが、詳細に話し合われました。また、上川・旭川支部の準備が早く、事務局としても大変ありがたいことであるという報告もありました。これから授業づくりに向けて、授業者と研究部がよい授業をつくっていくことと66回大会が楽しみになる話し合いとなりました。 
     
     
第1回次長・部長会(2011.06.14) 
 札幌市立美しが丘緑小学校において、次長・部長会が行われました。年間を見通した活動計画やこれまでの活動経過など、各部の活動に関わって話し合われました。特に、66回上川・旭川大会の運営についての詳細などが話し合われました。 
     
z札幌支部 月例会(2011.6.9) 
  札幌市立円山小学校を会場に、18時30分から平成23年度1回目の北数教札幌支部の月例会が開かれました。70名以上が出席し、指導案や写真等の資料を持ち寄り授業実践を交流したり、板書で構造的に協議内容をまとめたりしながら進みました。今後も月例会では日常の実践を検証していき、研究内容を深めていきます。
 部会長と事務局長とで第67回大会に向けてのご挨拶(2011.6.8) 
 北広島市立西の里中学校において、第67回石狩・千歳大会(仮称)開催に向けてご尽力いただいた常田校長先生のご挨拶をさせていただきました。石狩地区における初めての開催を、大変喜んでくださいました。
 続いて、小学校の大会会場校を引き受けてくださった、千歳市立日の出小学校の入沢校長先生にご挨拶させていただきました。開校50余の歴史ある小学校。算数を学ぶ子どもたちのすてきな姿が見られるよう、日の出小学校の先生方と英知を合わせて、取り組んでいきたいと思います。 
   
上川・旭川大会にかかわる関係機関への訪問・打合せ(2011.6.3) 
  会長、副会長、事務局長とが、10月20日、21日の研究大会の会場となる旭川市の関係機関(①北海道教育庁上川教育局、②旭川市教育委員会、③旭川市大雪クリスタルホール)を訪問し、ご挨拶と打合せをしました。開会式、小学校部会講習会、部会交流会を予定しているクリスタルホール「音楽堂(写真参照)」は、座席580名の素敵な会場でした。
   
平成23年度全道常任幹事会・代議員会(2011.5.14) 
  北海道札幌手稲高校において、全道常任幹事会・代議員会が行われました。大久保和義会長(北海道教育大学)から全道の算数数学教育に対し、イニシアチブをとることが本会にとって大切な責務であることが話されました。また来る平成27年度の第70回北数教札幌大会が第97回日数教大会となり、それに向かって会員相互の連携と積極的な研究推進に向かうことが大切であることが話されました。
     
     
     
  
  手稲高校近隣から見た手稲山の様子です。まだ頂には雪があります。
 同時に全道常任幹事会・代議員会の小学校部会も行われました。副会長の佐々木雅史校長先生(札幌市立円山小学校)から北海道の算数教育を盛り立てていくことが大切であるという話しがなされました。今年度行われる「第66回上川・旭川大会」の進捗状況について、沓澤昭一校長先生(旭川市立朝日小学校)をはじめ長田一芳校長先生(旭川市立近文小学校)、小玉智生先生(旭川市立青雲小学校)から話しがありました。 
     
     
     
     
     
北数教小学校部会第1回事務局会議(2011.05.11) 
 札幌市立日新小学校において、小学校部会第1回事務局会議が開催されました。5月14日(土)に行われる全道常任幹事会・代議員会・小学校部会の内容や23年度の小学校部会の活動計画について話し合われました。今年度より入られた事務局員を多く、緊張感の中にも意欲的な雰囲気の会となりました。また、会の中では、66回上川・旭川大会についてや平成27年度に予定されている日数教大会に向けての方向性についても話しがありました。 
     
     
     
上川・旭川大会事務局打合会(2011.4.29) 
 旭川市立近文小学校において、本部事務局と上川・旭川大会事務局との打合会が行われました。来る10月20日・21日がとても楽しみになりました。
 本部事務局から、中村研究担当次長と加瀬研究部長、浜野事務局長が大会会場校である旭川市立近文小学校に向かいました。札幌から高速道路で片道1000円です。  授業単元、授業者、授業構築組織、そして運営組織まで、周到に計画されていました。上川・旭川地区のみなさんの大会に向かう熱い気持ちを感じました。
 大会事務局からは、長田近文小校長先生、小玉大会事務局長、中村旭教研事務局長、武田旭教研研究部長、そして会場校の窓口となってくださる長瀬先生が迎えてくださいました。  近文小は、たいへんきれいで、学習環境の整った校舎です。大会に使わせていただくこんなすてきな教室もありました。
 本部新旧事務局引き継ぎ会(2011.04.22)
 東京ドームホテル札幌において、本部新旧引き継ぎ会が開催されました。22年度の事務局から23年度へより組織的な活動ができるようにしていこうという決意で活動していくことが飯塚泰久校長先生(札幌市立白楊小学校長)より表明されました。またその後行われた懇親会の中で、22年度事務局員として活動してくださり、23年度他の部署で活動されることとなった先生方や23年度新たに事務局員となられた先生方の決意などが話されました。 
     
     
札幌支部23年度総会(2011.4.19) 
 札幌市立円山小学校において、札幌支部総会が行われました。23年度支部役員の紹介や研究構想の話、新入会員の紹介などが行われました。また、札幌支部と同様に算数を研究し、札幌の算数教育を支えてきた札幌市教育研究推進事業の主任担当顧問の白石邦彦校長先生(札幌市立清田小学校長)から、共に算数教育を盛り上げていけるように活動していこうという話がなされました。また、総会後、各学年の部会が行われ、推進分担や月例会の内容について話されました。 
     
     
 
     
     
算数の未来を語る会(2011.3.11) 
 札幌全日空ホテルにおいて、午後6時30分より、「算数の未来を語る会」が行われました。これまで算数の研究にご尽力してくださった校長先生の講演をいただき、これからの算数教育に向けてのご示唆を頂きました。また、算数教育について、参会者が大いに語る会となりました。
 会としまして、本日起こった「東北地方 太平洋沖地震」に際し、会員の皆様のご無事を心より願り、また、亡くなられた方々に、深い哀悼の意を表します。 
   
   
   
北数教小学校部会事務局会議(2011.3.02) 
 札幌市立日新小学校において、午後6時30分入り第5回事務局会議が開かれました。今年度の活動報告や来年度に向けての研究の内容などについて話し合われました。また平成27年度に行われる「日数教大会」に向けての活動について話し合われました。 
   
   
札幌支部授業交流会(20111.2.10) 
 札幌市立円山小学校を会場に、午後6時30分から「授業実践交流会」が開かれました。会員70名ほどが低中高学年ブロックに分かれ、各ブロック2名の発表者が貴重な実践提言をしてくださいました。 
   
北数教三部会(2011.1.29) 
 土曜日の午後1時から稲西高等学校において、小中高三部会役員と統括事務局メンバーが集まり、第2回三部会が行われました。本年度の事業報告と次年度以降の大会、平成27年8月に予定されている日数教大会(札幌大会)について説明や確認がなされました。 
   
札幌支部冬の学習会(2011.1.14) 
 札幌市立旭小学校において、平成22年度北数教小学校部会札幌支部冬の学習会が開催されました。112名の参加をいただきました。中には31名の会員でない先生をはじめ、旭川から2名の先生が参加くださいました。講師にお迎えしたのは、山梨大学教職大学院 教授 中村敦史先生です。テーマ「算数の教科書をより有効に活用するために」と題して、先生の実践を交えた貴重な講演を頂きました。 
 講師資料 
 札幌支部研究のまとめ 
     
     
     
北数教小学校部会次長・部長会(2010.12.14) 
 札幌市立美しが丘緑小学校において、第2回小学校部会次長・部長会が行われました。来年度に向けた方向性や取組について話し合われました。 
     
札幌支部月例会(2010.12.2)
  札幌市立円山小学校において、18時30分から北数教札幌支部の月例会が開かれました。全6学年、50名以上が出席し、資料を持ち寄り授業実践を交流したり、板書で構造的に協議内容をまとめたりしながら進めます。「月例会」という名の通り、月一度集まる定例会です。
     
北数教小学校部会事務局会議(2010.11.19)
  札幌市立美しが丘緑小学校において、第4回事務局会議が開催されました。札幌大会の成果と課題について話されました。また来年度に向けた取組の方向性についても話されました。
     
北数教小学校部会 第5回授業検討会(2010.10.07) 
 札幌市立山鼻小学校において、第5回授業検討会が開催されました。学年で日々検討してきた本時を、事前授業を通して検討されました。子どもの実態に即した授業の構築のため、助言の校長先生をはじめ授業協力の先生方からたくさんのご示唆をいただきました。いよいよ来週です。 
 1年生「たしざん」
 2年生「三角形と四角形」
 3年生「かけ算のひっ算」
 4年生「面積のはかり方と表し方」
 5年生「単位量あたりの大きさ」 
 6年生「比」
 
助言者の校長先生や協力者の先生方  
北数教小学校部会 第4回授業検討会(2010.09.09) 
  札幌市立山鼻小学校において、第4回授業検討会が開催されました。本時の問題意識のあり方や課題解決の内容について、熱い討議が行われました。
 1学年「たしざん」

2学年「三角形と四角形」 
3学年「かけ算のひっ算」
 4学年「面積のはかり方と表し方」 
5学年「単位量あたりの大きさ」 6学年「比」 
北数教小学校部会事務局会議 (2010.09.06)
 札幌市立屯田小学校において、事務局会議が開催されました。札幌大会に向けて、進捗状況の確認や大会当日の流れなどの確認など大会に向けて、それぞれの部が精力的に活動内容を確かめ合いました。
  
北数教小学校部会 山鼻大会 授業検討会3 (2010.8.25)
 札幌市立山鼻小学校において、第3回授業検討会が開催されました。10月14日~15日に向けて、授業者や協力者が課題の持たせ方や交流のあり方などについて、話し合いました。
1学年
 2学年
 3学年
 4学年

 5学年
 6学年
札幌支部 夏の学習会 (2010.7.28) 札幌市立旭小学校
 札幌市立旭小学校において、札幌支部恒例の夏の学習会が開催され、「算数的活動」について講義・低中高別ワークショップで学び合いました。
学習会の資料
1:講演会の資料 
2:学年の資料   1学年-1    1学年ー2    2学年    3学年    4学年    5学年   
3:各学年算数的活動の資料   1学年    2学年    3学年    4学年    5学年    6学年  
北数教小学校部会 山鼻大会 授業検討会 (2010.7.26)
 札幌市立山鼻小学校において、10時より授業検討会が開催されました。10月14日~15日に向けて、授業者や協力者が知恵を出しあい、授業づくりに取り組んでいます。
1学年
 2学年
 3学年
 4学年

 5学年
 6学年
北数教小学校部会事務局会議 (2010.7.6)
 札幌市立美しが丘緑小学校において、18時30分より事務局会議が開催されました。10月14日~15日の山鼻大会に向けて着実に歩みを進めています。
全道常任幹事会・代議員会・小学校部会総会 (2010.5.15)
 札幌市立北都中学校を会場に、土曜日の14時から開催された標記会議において、平成22年度の予算、研究主題・内容、活動方針などが審議されました。
 写真は引き続き開催された小学校部会の様子です。10月14日~15日の山鼻大会、新指導要領の本格実施、5年後の日数教北海道大会への展望などに向け、各ブロックが連携し成果を残していきましょう。
第65回北海道算数数学教育研究大会 会場校との打ち合わせ (2010.3.10)
 第65回北数教研究大会は、平成22年10月14日(木)に札幌サンプラザ、翌15日(金)に札幌市立山鼻小学校を会場に開催されます。
 3月10日17時より、本部と札幌支部の部会長、副部会長、事務局長、研究部長が会場校の山鼻小学校校長室に於いて、ご挨拶と研究日程・内容についての打ち合わせを行いました。
北数教小学校部会事務局会議 (2010.3.3)
 札幌市立澄川小学校にて、第4回事務局会議が開かれました。主な内容は、各部からの年間活動の反省と引継ぎ事項。とりわけ、ホームページのあり方について貴重な意見交流がなされました。
北数教札幌支部 冬の学習会 (2010.1.14)
札幌市立旭小学校を会場に、「授業力を鍛える」をテーマに、北数教札幌支部の冬の学習会が開催されました。100名を越す参加者が、斉藤教諭(幌北小)と森井教諭(北都小)の「算数的活動」に関する提言に聞き入っていました。最後は、佐藤指導主事からの講評があり、有意義な会となりました。
受付の様子 資料と会報 いよいよ開会
支部長の挨拶 講師2名 参会者が資料に目を通しています。
斉藤教諭の提言 プロジェクターを使って具体的で、わかりやすい提言でした。 森井教諭の提言
2年生「九九」の学習を事例に 質問コーナー 佐藤指導主事の講評
平成21年度 札幌支部総会 (2009.4.21)
平成21年度北数教小学校部会札幌支部の総会が開かれました。総会の中で、新メンバーが紹介されました。その後、各学年部会が開かれ、今年度の活動がスタートしました。